AppStore PlayStore

グルメ旅シリーズ② 〜んまい盛岡を探しに行こう!〜

美しい自然に囲まれ、美味しい食材が豊富な盛岡。有名なグルメが多すぎて何を食べれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。
盛岡は特に麺料理が人気です。3大麺料理といえば、「盛岡冷麺」「わんこそば」そして「じゃじゃ麺」ですよね。
今回は、3大麺料理の中でも有名なお店を中心に、盛岡のグルメを紹介したいと思います。
特命☆ 盛岡の3大麺料理を制覇セヨ!!


白龍 カワトク分店

じゃじゃ麺の新しい食べ方、その名も『ちーたんたん』

白龍(パイロン) カワトク分店

最初に紹介するのは、じゃじゃ麺の元祖のお店です。本店は非常に混むということで分店にお邪魔させていただきました。
日本ではじゃじゃ麺を頼む機会はあまりない為比較することは難しいですが、こちらでいただくのはこれまた一味、二味違う新感覚のじゃじゃ麺です。

まずは、茹でたての柔らかくて平たいうどん麺をキュウリや肉味噌と共に混ぜて美味しくいただきます。懐かしいお味が口いっぱい広がります。
そして、タイトルにも書いてある通りこれが終わりではありません。食べ終わった器に卵を割って、お店の方に渡します。すると器いっぱいに汁を入れてくれます。これをまたよく混ぜていただく、<ちーたんたん>という卵スープの完成です!優しくてホッとするお味ですので是非お試しください。
余談ですが、中国発祥のじゃじゃ麺は韓国でも大人気!日本のラーメンのような位置づけです。機会がありましたら日本、中国、韓国のじゃじゃ麺の味を食べ比べてみてはいかがでしょうか。

店名:
白龍 カワトク分店
住所:
岩手県盛岡市菜園1-10-1
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
不定休(カワトクに準ずる)


直利庵

元総理大臣も訪れたという老舗のお店で『わんこそば』に初挑戦!

直利庵(ちょくりあん)

蓋を閉めるまで止まらない、言わずと知れた盛岡の名物<わんこそば>。掛け声と共にお椀にそばを入れてくれる給仕の動きには妙にリズムがある。テレビで見ている限りいくらでも食べられそうな感じがしませんか?
1884年創業、2階建ての古いけど情緒のあるこちらのお店は、観光客らしき人たちで賑わっています。人気店な為、事前予約をオススメします。

お刺身やなめこ、おしんこ、紅葉おろしなど、9種類の薬味が用意されるのでそばの味に飽きる心配はありません。最初マッチを渡されますが、10杯に一本と、数を数えるのに使います。
いざっ勝負!「は~ドンドン」「ハイ、ジャンジャン」「は~まだまだ」と応援なのかよくわからない掛け声をかけられながら頂きます。私は最初50杯を目標にしていましたが、頑張って70杯をいただきました。女性としてはなかなかかと。
帰りはお腹たぷたぷです。お会計の時に証明書を頂けるので記念に取っておくのも良いでしょう。盛岡に行かないとなかなかできない経験なので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

店名:
直利庵
住所:
岩手県盛岡市中ノ橋通1-12-13
アクセス:
仙北町駅から1,479m
営業時間:
11:00~20:00(OS)
定休日:
水曜日(祝日の場合営業)


盛楼閣

行列の絶えない人気の焼肉店でいただく、『盛岡冷麺』

盛楼閣(せいろうかく)

階段下までかなりの行列ができている大人気店なので、事前に予約した方がスムーズに案内されます。まずは焼肉からいただきましたが、口の中でとろけます。美味しさのあまり、写真を撮ることすら忘れてしまいました。東京では、この値段でこのクォリティーはきっと味わえないでしょう。焼肉最高! Viva 盛岡☆
そして、〆の冷麺登場。コシのある麺にすっきりしたスープが堪らない。〆にしてはもったいない。断言します。これはメインです!

本場である韓国の冷麺と日本の冷麺は全然違います。まず、スイカでなく、梨を入れる。キムチも入らない。麺の種類が違う。今までいろんな韓国料理屋さんで冷麺を頂きましたが、本場と比べて満足できるようなものには出会えてませんでした。そんな私が挑んだ盛岡冷麺。
これは謝らなければいけません。
盛岡冷麺は別物でした。盛岡冷麺の美味しさがココにありました。
冷麺を目当てにいらっしゃる方の方が多いという名店。是非ご賞味くださいませ。

店名:
盛楼閣
住所:
岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5
営業時間:
11:00~翌2:00
定休日:
年中無休


回転鮨 清次郎 フェザン店

回転寿司で味わう最高の海の幸

清次郎 フェザン店

3大麺料理を制覇したなら、今度は海の幸をいただきましょう。
回転寿司ですが、格が違うお店です。実はこの日の昼、わんこそばを食べたので数時間経ってもお腹が減りませんでした。むしろお腹には1cmもお寿司が入る隙間はありません。でも、美味しいと聞いてほんの一皿のつもりで訪れました。

名物の<月見めかぶ>。
鮮やかな黄身と緑色のめかぶのコントラストが美しい。めかぶのフレッシュさが黄身と合わさって喉をつるんと通り抜けます。
マグロも口に入れた瞬間とろける美味しさで、東京ではこの値段では食べれないクォリティーです。盛岡駅ビルの地下にあるので、新幹線を待ちながら、お土産を買うついでに寄り道してみてはいかがでしょうか。

店名:
回転鮨 清次郎 フェザン店
住所:
岩手県盛岡市盛岡駅前通1番44号
営業時間:
10:00~22:00

番外編… 美味しいソフトクリームをいただきましょう。

小岩井農場まきば園 ソフトクリームハウス

小岩井農場を訪れた際に、必ず目にするであろうソフトクリーム売り場。入り口近くで販売されているのでわかりやすいです。

牛乳本来の味を味わせる人気の品です。自然に目を向け、たまには日常を忘れましょう。アイスを食べて、動物と触れ合ったり、お散歩をする。このような時間を自分へのご褒美にいかがでしょうか。

店名:
小岩井農場まきば園 まきばバイキング
住所:
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
営業時間:
10:00~15:00
定休日:
日曜・第4土曜・祝日

まとめ

今回は麺料理を中心に盛岡の魅力を紹介しました。
盛岡3大麺料理<じゃじゃ麺>、<わんこそば>、<盛岡冷麺>。それぞれ違う魅力があり、滞在期間中にすべてを食べても飽きることはないと思います。人気なだけあって、あっちこっちに専門のお店も多いので、はしごしてそれぞれの独自の味を味わうのも旅の楽しみ方の一つかもしれません。

雨にも負けず 風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ

盛岡の魅力を自分の足でお確かめいただければと思います。
シンクロライフのアプリ版ダウンロードはこちら

Writerこの記事を書いた人

食べ歩き・飲み歩き好き♡

断トツ旨い店が
見つかる
グルメSNS

シンクロライフ Synchrolife

AppStore PlayStore